アメリカンユートピアを観てぶっとんだ話

American Utopiaの感想

古今烏丸の京都シネマで、デヴィッド・バーンの『アメリカン・ユートピア』を見てきました。

ニューヨークのブロードウェイでのライブ演奏を映画化したもの。

トーキングヘッズの代表曲からDavid Bryne最新アルバムまで盛りだくさん。

映画館に行くのは久々だったんですが、
やっぱり音楽映画は劇場でみるべきだな、と痛感した映画でした。

個人的な感想を箇条書きでざっくりと。

  • ブラジル人の打楽器役二人がうまい
  • スパイクリーの真上からのショットが最高
  • ゆるい踊りも音楽とマッチしてて◎
  • 隊列を組んだり崩したり動きを見るだけでも楽しめた
  • 裸足とスーツの組み合わせが最高にロック

政治をシリアスには語らないで、
ユーモアと皮肉で訴えかけるデビッドバーン。

“投票にいけ”、というメッセージがしっかり伝わってきました。

人種、移民、政治、音楽、ユーモア
いろいろ詰め込んでもしつこくならない構成は改めてすごいな~と。

『STOP MAKING SENSE』にも並ぶぐらいの出来かと。

「Burning Down The House」はやっぱり名曲。
ぶっとばされました。

コロナ禍にライブコンサートの映画、
舞台やコンサートが好きなひとは必聴の映画です。

あと、ココン烏丸、改修してちょっとおしゃれになってました。
新風館とあわせて遊びに行ってみてください。

Meets Regionalの京都特集で気になったお店・飲み屋

ミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』を観てきた感想