隔たる2人の世界: Netflixの短編映画がすごい

32分のタイムループもの

最近ネットフリックスで、『隔たる2人の世界』という映画を観ました。

いわゆる”タイムループもの”で、
どうあがいても、警察に殺されてしまう
という黒人を描いた32分の短編映画。

アメリカでの黒人差別の現実を、
これでもかと観客に突きつける一作でした。

“I can’t breathe” のセリフも登場し、

#BLM ムーブメントが再燃するきっかけとなった
ジョージ・フロイト事件へのメッセージも込められてます。

タイムループものって、
基本ユーモアやSFテイストに仕上がるものが多い中、
こういう使い方もあるのだなぁと、驚かされました。

ドイツ映画の『ラン・ローラ・ラン』をふと思い出したり。

この『隔たる2人の世界(Two Distant Strangers)』は、
アカデミー賞短編賞の有力候補だそうですが、
ほんとに受賞するんじゃないかというぐらいの出来。
オスカーもそろそろですが、どうなることやら。

ネットフリックスに入っている方は、
騙されたと思って観てみてください。

※2021.4.26追記: アカデミー賞短編実写映画賞を受賞したそうです!

ほぼ日手帳はじめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA