ストリーミング配信でなんでも見られる時代の弊害

サブスク時代の悩み

Netflixの会員数が初めて減少したそうです。
それに伴い株価も下落。

ディズニープラスやら、
HuluやらAmazon Primeやら、
Tver、DAZNなどなど
山ほどコンテンツがあるなか、
・・・まあ逆にいままでよくやってきたな、というところ。

ここ数年はNetfliの独壇場でしたが、
もう動画配信のサブスクが当たり前になってしまうと、
結局は独自コンテンツの勝負になってしまい、こうなるのは見えてました。

見られる映画のラインアップもどんどん
横一列になりつつありますしね。

Netflixも2022年5月は話題作が揃うので
また息を吹き返すはず。

が、今年後半になると、
アマゾンプライムから『ロードオブザリング』のドラマ版が
かなりすごいらしいですし、
もう見るものだらけですよね。

ロードオブザリングのドラマ版『力の指輪』が楽しみな話

昔と比べて
じっくりかけられる時間は減ってしまったのは
ディストピアっぽさを感じます。

DVDやビデオ時代と違って、
なんども見る映画は減りましたもんね。

でもいままで触れてこなかったジャンル・地域の
作品にも挑戦できるので、
その点ではいい時代なのかも。