滋賀県立美術館の山本春挙展をみた感想

リニューアル後の美術展

友人と滋賀県立美術館の
山本春挙展を見に行ってきました。

代京都画壇を代表する画家のひとりである、山本春挙。

この展示会を見るまでは
名前と山の絵をなんとなく知ってるぐらいの感じでしたが、
やっぱり生で見ると違いますね。

青と緑の表現がすげーのなんの、
漫画のAKIRAっぽい退廃感があったり、
どの絵もかなーりインパクトありました。

古風な感じかと思いきや、
けっこうSF的な有り得ない自然の描き方も印象的で、
こういうのを参考にして、いい映画が作れそうなぐらいだなと思ったり。

最後は茶室から日本庭園を眺めながらぼーっと。

最近、滋賀に行ってないな、という方もぜひ。

大阪中之島美術館「超コレクション展 -99のものがたり-」に行ってきた感想