ソニーパーク展@京都新聞ビルに行った感想

ソニーパーク展@京都

Sony Park展@KYOTO

期間限定で京都にオープンしたソニーパーク展、行ってきました。

会場は2つ。
メイン会場が京都新聞ビル地下の印刷工場跡地。
サブ会場がロームシアター京都。

通常は非公開な京都新聞の印刷工場跡地に入れるという貴重な機会でもあります。
SFチックで工場跡地が好きな方はそれだけでも価値があるはず。

ソニーパーク展@京都

『ファイナルファンタジー7』を意識した緑のサイバーパンクなデザイン。

 

箇条書きでざっくり感想を。

・「そして、音楽は旅に出る。」という「音楽は旅だ。」と思う曲を集めたコーナー。
100個以上並んでいるボックスにイヤホンのプラグを刺して聴くというスタイルが斬新。
プレイリストも撮ったので、時間ある時聞き返したいなと。

・岡崎体育のネタパネル()

・PS1~PS5まで勢揃い。
夢中になっている女性が意外と多くて

・Creepy Nutsが流れる巨大ラジオ

クリーピーナッツのラジオ@ソニーパーク展京都

・DJ松永のDJルーティンが3つの大画面に。
これはかっこよかった。ふつーにフルで観ちゃった。

ソニーパーク展@KYOTO DJ松永

・YOASOBIの照明で創る物語や、3Dミラー的なやつも可能性を感じた

・millennium parade「Bon Dance」のPVをミニシアターで。
盆ダンス、やっぱり大画面で見るとインパクト大ですごかった。

 

外に出るとがっつり行列が出来ていてびっくり。

サブ会場の方も、
ソニーウォークマンからカセット、アイボや昔の家電製品など、
ガジェット好きにはたまらない空間でした。

ソニーのガラケー

なにがすごいって、これ無料なのよね。
わりと短めの開催なので、ソニー好きの方はぜひ。

 

Popeyeの京都特集で気になったお店

ソニーデザイン展もそういえば行ってました。

ソニーデザイン「ONE DAY, 2022/2050 Sci-Fi Prototyping」を観た感想