ウエストサイドストーリー(スピルバーグ版)を観た感想

リメイク版(2022年)

2022年2月に公開された「ウェストサイドストーリー」さっそく観てきました。

感想・レビューをざっくりと。

  • 正統派のアレンジ(というかほぼ原曲?)でなくて聞きやすい音楽でよかった
  • チンピラの不良感はオリジナル版の方がヤバい雰囲気でてる
  • オリジナル版と変えるところは変えていてよかった
  • 体育館のシーンも激しすぎてダンサーすげぇの一言
  • アニータは今作の方が移民感あって◎
  • 「Tonight」が4シーン重なり合うところ最高
  • スペイン語がバンバン出てきて異国感あるのでそれもよかった

ウエストサイドストーリー(2022年)スピルバーグ

古いオリジナル版を観たことがあるけれど、
なんせ高校三年生(もう十年以上前というね・・・)なので、
オープニングや大筋以外はかなり新鮮な気持ちで見ることができました。

男女でアメリカのいい・悪いを罵りあう、
花いちもんめ的な「America」はやっぱ最高。

WEST SIDE STORY、
実は高校三年生の演劇祭でやったので、音楽を聴くと、
3-Cの神〇先生を思い出すというね笑

OPに関しては、やっぱりオリジナル版にはかなわない感じだったかな~

リメイクって失敗することが多い気がするけど、
そこは流石のスティーブンスピルバーグ。
2時間半しっかり楽しませてくれました。

同じくプエルトリコ移民を描いたミュージカル映画
『インザハイツ』もめちゃおすすめなのでぜひ。

ミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』を観た感想