ゆるスポーツという新しい競技

ゆるいスポーツと多様性

パラリンピックが開催されました。
コロナ禍にやるのが果たして正しいかの議論は置いておいて、
ちょっとそれと関連する話をしようかと思います。

最近聞いたポッドキャストがなかなか興味深かったです。

弱さを起点につくるこれからの社会の可能性。世界ゆるスポーツ協会・澤田智洋に訊く

澤田 智洋さんが提唱する”ゆるスポーツ”。
https://yurusports.com/

ゆるいスポーツ、具体的にどんな競技があるのかというと、
・ソッとあつかわないと”ボールが泣いてしまう”バスケットポール 
 →母性を発揮した人が勝つスポーツに。
・500歩サッカー
→休むと歩ける歩数回復するシステムなので、 あちこちで休んでいる人がいるそう。

などなど。

工夫すれば誰でもスポーツできるようになるんだなぁ、とそのアイデアに驚かされました。

どれもなかなか緩いですね。

ゆるミュージック、とかもあるそうで、
ハードルが高いものも、こうやってゆるーくできるものがあると、
救われる人も多いんじゃないかと思いました。

パラリンピックからの流れでこちらも流行るといいですね。

世界ゆるスポーツ協会 公式HP:
https://yurusports.com

紹介したポッドキャストはこちらより聴けます。
弱さを起点につくるこれからの社会の可能性。世界ゆるスポーツ協会・澤田智洋に訊く」/ J-WAVE TOPPAN INNOVATION WORLD ERA